予備校講師が電験三種に参入
HOME  >  デンヨビとは  >  無料ライブ講義「交流回路」

無料ライブ講義「交流回路」

電験3種(理論)で多くの方が苦手にしている分野、それが、交流回路です。

なぜ、交流回路を苦手にしているかというと、図の意味が分からないからだと思います。

参考書には、電流ベクトル、電圧ベクトル、位相のずれ、リアクタンス、インピータンスなどの語句が並び、解法として、電流ベクトルと電圧ベクトルの図が書かれます。

多くの方は、この段階で、頭の中が「?????」となってしまうのではないでしょうか。

電圧や電流が、振動しているのが交流回路なのに、どうして、ベクトル(矢印)が出てくるのか?ベクトルの向きは、どのようにして決まっているのか?

そういう疑問をそのままにして、「理解している時間がないからと、暗記に走る・・」と、交流回路の問題は、苦手分野になってしまいます。

では、どうしたらよいか?

図の意味をちゃんと理解しましょう!

2時間あれば理解できます。

2013年の電験3種の試験の得点UPにつながるように、反転授業形式でライブ講義を行います。

(1)複素数と交流回路についての動画講義を受ける(45分)

(2)オンラインでライブ講義を受ける(90分)

ライブ講義は、受講者の皆さんに質問をしながら、インタラクティブに授業を行いますので、必ず45分間の動画講義で予習をして臨んでください。

 

無料ライブ講義「交流回路」への申し込み

(終了しました)


無料講義はこちら
2014年過去問解説はこちら
  • 誕生物語
  • 講師紹介
  • 学習の仕方
  • メルマガ
  • イベント